より身近な存在の指導

教材

先生との相性を大切に

個別指導塾に指導を依頼する際に、注意するべきことは、先生との相性をしっかりと確認するという事です。個別指導塾では大学生から、一般の社会人まで先生の年代も様々です。だからこそ、子どもとの相性はとても重要と言えます。もちろん、年代が若い先生だから子供にぴったりだろうと考えることは良くない思い込みかもしれません。歳を重ねるごとに子供への指導力が高まっているという先生も多くいるのが事実です。そのため、個別指導塾を選ぶ際には、指導をしてくれる先生と一度お話をしてみるという事がお勧めです。どういった指導をしていくつもりなのか、子どもに対するスタンスなどを話してもらいましょう。若い先生だと、子どもに引っ張られてつい話が脱線してしまうというような人も、少なからずいます。きちんと指導ができ、かつ面白くわかりやすい授業を展開できるかという事が、個別指導塾に求める事だと言えます。また、優しい先生のため子どものわがままに妥協してしまうという事もあるまじきことといえます。子どもにとって背筋を伸ばしながらも安心して質問できるような指導力のある先生がいるかも、塾選びのポイントになります。個別指導によってより学習への興味や、モチベーションを保てるという事で、自分自身が積極的に学習をしたいという気持ちを育てていく事が大切です。そのため、塾の評判等を確認することは、入塾を決める前に必ず行っておきたいことの一つとなります。