個別指導のメリットとは

女子学生

集団指導との違いに注目

中学受験から大学受験まで、近年では個別指導塾が利用されることが多く、実際の個別指導塾の数も多くあります。実際に個別指導塾を使うことにはどのようなメリットがあるのか、集団指導との違いに注目しながら解説していきます。まず第一に、集団指導が「難関」、「標準」、「基礎」、などのレベル別に分けられて授業が行われるのに対し、個別指導塾は生徒それぞれのレベルに合わせてより細かい指導が行われます。そのため、集団指導ではあらかじめカリキュラムが決められており、他の生徒と競い合いながら力を高めあうことができる一方、個別指導塾には生徒が自分のペースで苦手部分を徹底的に克服しやすいというメリットがあります。次に、個別指導塾では講師と生徒との距離が非常に近く、相性の良い講師と二人三脚で成績アップを目指せるという安心感があります。集団指導では全国的に有名な講師の授業を受けられることがありますが、授業後の質問に行列ができることもあります。個別指導塾では常に1人の講師が生徒についているので、いつでも質問しやすく、特に基礎レベルに不安がある生徒にとっては安心できる勉強の環境と言えます。最後に、個別指導塾は現役の大学生が講師として活躍していることが多く、特に大学受験生は志望校に合格した先輩から直接指導を受けることもできます。勉強面以外にも大学生活など入試合格後の情報も気軽に得られるため、勉強のモチベーションを維持しやすいというのも個別指導塾の大きなメリットです。